手の消毒に使える「無水エタノール」の活用術

 

こんにちは、大阪市内専門で営業をしている大規模改修工事の星功株式会社です。


手の消毒殺菌用の薬用アルコール除菌類が売り切れの昨今、何か代用品はないかとお困りの方も多いと思います。そこで今回は、掃除にも活用されている「無水エタノール」の、「消毒用エタノール」との違いや、「消毒用エタノール」としての活用方法についてご紹介いたします。


「無水エタノール」とは表記の通り「水分が含まれていないエタノール」のことです。エタノールの純度が99.5%以上の物を指します。エタノールには油分も水分も溶かして混ぜる性質や雑菌を消毒する力があるので、家の中のお掃除にも活用できます。水拭きができない箇所や、水拭きの跡が残ると嫌な窓ガラスの掃除に向いています。


「無水エタノール」は消毒にも活用できますが、そのままでは使えません。消毒用エタノールは無水エタノールの濃度に比べて薄く、純度が70~80%になっています。その理由はエタノールは水で少し薄めると消毒効果が高まる性質があるからです。エタノールの殺菌作用が出るには少し時間がかかるので、適度に水を含ませ、揮発性を遅らせると殺菌効果が十分に発揮できるのです。


無水エタノールを消毒用に使用するには、

・無水エタノール

・水

・スプレーボトル

を用意し、エタノール80mlに対して水20mlを加え80%の濃度にしたものをスプレーボトルに入れればいいだけです。


キッチンのまな板の消毒や、リビングのテーブルの拭き掃除、手指の消毒用としても使えます。


外壁部分に関するご相談

屋根・防水・塗装・シーリング工事

につきましては大規模・戸建てにこだわりなくお気軽に星功へお問合せ下さい。