鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)の建物をご紹介します!

 

大阪市内で外壁・屋根、塗装、防水(シーリング)の

改修工事をしております 星功株式会社の岩崎です


皆さま、住宅構造の種類の中で「SRC造」ってご存知でしょうか?

賃貸マンションや分譲マンション探しで「RC造」や「SRC造」といった建物構造を目にしたこともあるのではないでしょうか?


今回は高層マンション等で採用される建物構造の「SRC造」の施工の様子をご紹介したいと思います。

SRC造 = 鉄骨鉄筋コンクリート造 です

鉄筋で補強されたコンクリートに鉄骨造を組み込んでいるのが特徴です。


当社近くの警察署が「SRC造」の建物に建て替えをしておりましたので写真を撮ってきました

真ん中の主になる柱が【鉄骨(S)】で、鉄骨の周りに巻かれているワイヤーが【鉄筋(R)】です。

つまり、鉄骨(S)と鉄筋コンクリート(RC)を組み合わせたものです。


頑丈な鉄骨の周りを鉄筋とコンクリートでさらに補強して建てられ、

強度が高く、耐震、耐火、耐水性に優れていることから、10階建て以上の高層マンションなどの大規模な建築物でよく使われています。





有名な建築物では東京スカイツリーにSRC造が使われています。



●メリット

あらゆる構造の中で、トップクラスの耐震性能と耐火性能を誇るのがSRC造です。RCに鉄骨を加えることで強度を高め、鉄骨の軸組み構造とすることで揺れを分散、地震による変形にも強い構造となっています。

また、コンクリートは素材自体が燃えず、温度が上昇しても強度は変わらないと言われており、火災にも強い素材です。設計上の利点としては、強度が高いので、柱と柱の間隔(スパン)を広く取ることができ、少ない本数の柱で大きな空間をつくれます。また、防音性・耐久性にも優れています。


●デメリット

建設費がかかるため、価格や賃貸料が高くなってしまうのが一番のデメリット。鉄骨と鉄筋コンクリートを併用しているため、材料費はもちろん、工程が複雑になり、工事期間が長期化しやすいことがその理由です。

なお、超高層を含む高層建築物に多く採用されていますが、大きな災害が発生しエレベーターがストップする際は、高層階の住戸には移動のリスクや、断水などのリスクが発生しやすいことも付け加えておきます。



構造によって断熱性・吸湿性・耐震性なども異なるため、重視したいポイントに着目して物件を選ぶことが大切です。


これから物件探し考えている方は、生活に何を求めるかをよく考えて建物の構造を選ぶことも大切ですね ^^)


----------------------------------------------------------------------

大阪市の外壁・屋根工事、塗装工事・防水工事専門店

星功株式会社

https://www.seikou-osaka.jp/


住所:大阪市東住吉区矢田1-27-17

お問い合わせ窓口:06-6615-9819

(平日10:00~17:00)


★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

★塗装って具体的にどういうことをするの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ 

https://www.seikou-osaka.jp/contact

----------------------------------------------------------------------