「水性塗料」と「油性塗料」の違い | 大阪市の外壁塗装・防水工事は星功株式会社まで

「水性塗料」と「油性塗料」の違い

 

こんにちは、大阪市内で活動しております戸建て・マンションの修繕・改修工事の星功株式会社です。


今回は「水性塗料」と「油性塗料」の違いをご説明いたします。

大きな違いは溶剤の違いになります。溶剤とは塗料を希釈し、塗りやすい硬さに調整するものです。水性塗料であれば、溶剤は主に水が使われており、油性塗料であれば、シンナーなどの「揮発性有機溶剤」が多く使われております。



水性、油性どちらであっても一度乾くと塗膜は水で溶けませんので、屋外や水回りに水性塗料を使用しても問題はありません。


油性塗料は乾燥時間が早く耐久性に優れているという特性がありますが、ニオイが強く扱いに注意が必要であり、水性より価格が高めになります。


水性塗料はニオイが少なく扱いも容易ですが乾きにくい場合もあり、油性より塗料の密着性が劣ります。


最近は水性塗料の品質が向上し、油性とほぼ変わらないものや、人体に影響が少ない事から水性塗料を扱うことが増えております。


星功では戸建て・マンションの外壁、内部塗装についてもご希望に合わせて塗装職人がご提案をしっかりと行わさせて頂いております。

是非お気軽にお問い合わせください。