屋上(陸屋根)でこんな症状でていませんか? | 大阪市の外壁塗装・防水工事は星功株式会社まで

屋上(陸屋根)でこんな症状でていませんか?

 


阿倍野区、大阪市内中心で建物の

外壁改修工事・外壁塗装・屋根塗装・防水工事・板金工事

をしております星功株式会社です。



屋上(陸屋根)でこんな症状でていませんか?



傾斜がなく平らな陸屋根では、

床が平らなので雨が下に流れづらく、もともと雨漏りしやすい構造です。

屋上から室内への雨漏り原因として、床面の防水層が劣化して水はけが悪くなり、建物内部に雨水が侵入して雨漏りが発生することがほとんどです。



・雑草が生えている

・目地がひび割れている

・コンクリートにひび割れがある

・ルーフドレン(水を流すための排水溝)の周りにゴミがたまっている

・雨の日に屋根の一部分に水がたまっている


上記の症状はメンテンナスのサインともいえます


いまは大丈夫でも、雨漏りが発生する前(劣化の初期段階)に、陸屋根を防水することで費用を安く抑えられ、建物を長持ちさせることができます。




雨漏りの原因となりやすいパラペット

パラペットとは、建物の屋上などの周囲に立ち上げられた低い壁のことです。

平らな屋根の建物において、パラペットは屋上で受け止めた雨水をせきとめるための止水壁です。雨水が外壁に流れるのをブロックして外壁の負担を軽減してくれます。



【パラペット部分から雨漏り】


パラペットの上端は、防水機能を高めるために笠木(かさぎ)と呼ばれるものが取り付けられています。この笠木は、水を通さない金属製のものが多く、シーリングや金具によって密着させています。

パラペットの笠木板金は雨水が浸入しやすく、雨漏りが発生しやすい危険個所です。劣化が進んでいると豪雨時、下から吹き上げてくる雨水や、横から伝わる雨水が天板の隙間に浸水することで劣化・雨漏りの原因になります。



その他、排水口の詰まりからくる雨漏り事例もあります


排水口詰まりは、落ち葉やゴミ、鳥のフンや羽によるものも原因として挙げられています。さらに、ウレタン防水を施工した際、ウレタンが流れ込んだことが原因で排水口が狭くなり、雨漏りに繋がったという事例がありました。



陸屋根 防水層の全面改修は10年~15年


どんなに耐久年数が長いと謳われていても、防水層の改修工事は必要です。基本的に全面改修は10年から15年で必要になると覚えておきましょう。

全面改修のタイミングでなくとも、塗膜防水・アスファルト防水ではトップコートの塗り替えは必要です。5~7年程を目安にお考えください(^^)


弊社は、戸建て・マンション・工場などあらゆる建物の補修・シーリング・塗装・防水・板金工事を行っている専門業者です。


施工・管理・保証まで一貫体制で行う

(直接職人さんへ)依頼できるお店なんです。


無駄なマージンを無くし品質・保証・アフターメンテナンスまで充実した星功に依頼してみませんか?


--------------------------------------------------------

大阪市の外壁改修工事・外壁屋根塗装・防水・板金

星功株式会社

https://www.seikou-osaka.jp/


住所:大阪市阿倍野区万代1-1-6-1階

お問い合わせ窓口:06-6615-9819

(平日10:00~17:00)


* 屋根・外壁を建ててから10年ほど放置している

* 建物に気になるひび割れがある

* 外壁を手で触ると粉状のものが付着する

* 豪雨の際、雨漏りが気になる。

* 台風や災害で家の屋根や外壁が傷ついてしまった

* 相談をしたいが、業者の良し悪しがわからない

* 外壁塗装っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

* 改修工事って具体的にどういうことをするの?


➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!

https://www.seikou-osaka.jp/contact

--------------------------------------------------------