天候が雨の時の外壁塗装について | 大阪市の外壁塗装・防水工事は星功株式会社まで

天候が雨の時の外壁塗装について

 

こんにちは、大阪市内専門で営業をしている防水・塗装・シーリング工事の星功株式会社です。


外壁を塗装する際に天候は塗料の乾燥に影響がありますので、日々の天候次第で工程の進み具合が変わってきます。



雨が降っていても雨の程度次第で行える作業もありますので、一概に雨で業務全てを中断しませんが、塗装工事は以下の理由で順延になります。

・塗料が雨で薄まってしまう

・雨水がかかると塗膜の仕上がりに影響を及ぼす

・下塗り、中塗りと仕上げるまでに塗り重ねる際しっかり乾燥しないので、後々塗装面に不具合が生じやすくなる


塗料メーカーの基準として「気温5度以下、湿度85%以上の塗装は避ける」という注意喚起があります。基本的に湿度が上がると外壁塗装は綺麗に仕上がりにくくなってしまうので、湿度が高い日は避けるべきです。


雨がもし途中で降ってきた場合も作業は中止となりますが、雨に関係なく不安な事や気になる事があれば、相談していただければ対応いたしますのでご安心ください。


外壁部分に関するご相談

屋根・防水・塗装・シーリング工事

につきましては大規模・戸建てにこだわりなくお気軽に星功へお問合せ下さい。