雨漏りの原因

 

こんにちは、大阪市内で活動しております戸建て・マンションの修繕・改修工事の星功株式会社です。


今回は原因のわからない雨漏りを調べる方法をご紹介いたします。


雨で濡れていたり、雨が染み出てきたりしても、見た目では原因がわかりにくい事もあります。雨漏りを放置すると、お家の内部が腐食する恐れもあるので、早急に手を打った方がいいです。


雨漏りが起きる原因は、

経年劣化

台風、地震などの自然災害

何らかの衝撃による損傷

施工不良

などが考えられます。



雨漏りは建物の様々な箇所で発生します。主な箇所を見てみましょう。


屋根

屋根からの雨漏りは、屋根材や棟板金などの雨仕舞板金、防水シートの劣化から起こる場合があります。また、雨どいのつまりなどが原因の場合もあります。


外壁

外壁やシーリングにひび割れや欠けが発生すると雨漏りの原因になります。

建物内部の防水シートや断熱材に雨水がしみ込んで内部から確認しにくいこともありますが、被害が内部で大きくなっている可能性がありますので早急に対処しましょう。


ベランダ

ベランダの防水層の割れや外壁との取り合い部分、排水溝、樋などから雨漏りする可能性があります。


屋上

屋上は直射日光が当たるので経年劣化が発生しやすく、ひび割れから漏水することがあります。壁や排水溝とのつなぎ目や排水口のつまりが雨漏りの原因になることもあります。


窓サッシ

窓サッシと外壁の間にシーリング材で隙間を埋めていますが、シーリング部分の劣化で雨水がしみ込んでくる場合があります。窓ガラスとサッシの隙間や、窓周辺の外壁のヒビなどが原因の場合もあります。


雨漏りが原因ではない場合、漏水や結露が原因の場合もあります。

漏水は給水管や排水管などの配管が欠損して起こります。水道料金が急に高くなった場合は漏水が考えられますので、専門業者に調査をしてもらってください。

結露は部屋と外気の温度差で起こりますので、十分換気をするなどの結露対策が必要です。


自分で雨漏り箇所を確認したいときは目視でチェックしてみましょう。

チェックポイント

瓦屋根のズレや割れ、欠けがないか

屋根材・板金に劣化がないか

外壁や窓サッシ部分などのシーリングに劣化が起きていないか

ベランダ・屋上にひび割れ、排水口の詰まりなどがないか


高い所に登ってチェックするのは大変危険ですので、無理をしないようにしてください。


雨漏りの箇所によって作業工程はそれぞれ違いがあります。

星功ではそれらのご提案を塗装職人がしっかりと行わさせて頂いております。

是非お気軽にお問い合わせください。