遮熱塗料について

屋根・外壁に最も塗るべき「塗料」をご紹介します!

遮熱塗料とは?


建物躯体の太陽光による熱上昇を防ぐ塗料として 遮熱塗料 があります。屋根外壁に塗ることで太陽の赤外線を効率よく反射し、建物が受ける熱の影響を低減することで、室内の温度上昇、および輻射熱・人工排熱によるヒートアイランド現象を防ぐことができます。近年では、このヒートアイランド現象の対策として道路などの塗装などにも遮熱塗料が大活躍しています。もちろん工場倉庫にもご使用いただける塗料で、熱伝導率の高いガルバリウム鋼板やトタンなどの金属製の屋根には高い効果が期待できます。塗るだけで驚きの効果①(夏場の鋼板材)でも素手でも触れる・屋上に裸足で歩ける程の効果 効果②省エネを発揮!夏を涼しく快適に過ごせます。(省エネ効果詳細は別紙詳細へ)

お客様にとって何十年に一度の大切な塗替え改修工事です、当社は自信をもって遮熱塗料「アドグリーンコート」をおススメします↓その理由は↓

なぜ外壁改修工事のプロが「遮熱塗料」をおすすめするのか?


建物躯体を 紫外線 から守り劣化を防ぐ役目をしているのが塗装材である事をご存知でしょうか?
その塗装材はUV(紫外線)で日々劣化していくのが自然な現象となっています。
近年では気温の上昇により紫外線もより強くなり塗膜破壊の進行は従来より早く進行していくと考えてもおかしくありません。

たとえば... 夏に日焼け止めを〔しなかった時〕と〔していた時〕の状態を思い出してみてください。 
海に遊びに行き、焼け止めを忘れた場合には翌日 ヒリヒリし真っ赤になり、状態によっては水ぶくれまで起こしてしまう事もあります。 
最終的に大きな病までに発展する事もあります。 

大雑把に伝えると外壁も同じような状態になってしまうとゆう事です。

日焼け止めクリームが外壁の場合は塗料になり、一般シリコン塗料より、より日焼け止め効果を発揮・維持するのが遮熱塗料です。

☆☆そこで、弊社がお伝えしたい大切なことが遮熱塗料を施工する!であります☆☆
外壁改修工事を行う際には 、一般塗料から遮熱型塗料に変更するこれだけで色々な メリット があります。
デメリットは、遮熱塗料は一般型塗料に比べ材料コストが約600~1000円ほど上がる事ですが果たしてそれがデメリットとなるのか
考えてみてください、、、
外壁改修工事を行う際に下記は必ず必要な工程となり、建物改修工事をする際の基本工程です。
足場を立てる事 下地補修をする事 →シーリングを打つ事洗浄をする→ これらは全て必要な事項で以下を完了し塗装・防水作業をする事となります。
つまり改修工事の際には上記工程を抜いて施工する事は無いので、工事をする時の塗装の材料単価が高くなってしまえど、足場やその他の作業単価は同じなのです。

その為
同じ足場を立て同じ下地作業を行ない、塗装をするならば上記の熱劣化=塗膜劣化の進行の抑制する遮熱型に特化した塗料が良いと判断をしております。
(熱に強い塗料と一般シリコン塗料を比べた場合に、日々体感できる程の気温変化の中どちらが劣化進行を抑制し維持をすると思われますか?)

もちろん、私自身のお家を改修工事行う際は『100%遮熱塗料や遮熱型防水をします』 それは長年のプロが理由を知っているからです。 
どうせなら理由に基づいた材料を適正な施工法で行い本当に損のしない・納得する改修工事を皆さまへご提供できればとの想いです。

詳しく知りたい方 一般戸建て・マンション組合・オーナー様へ ご説明にあがらせてただきますのでお気軽にお問合せください☆

奇跡の遮熱塗料 「アドグリーンコート」

アドグリーンコートは日本が世界に誇れる環境技術のひとつ 排熱にこだわって開発した“冷めやすい塗料”です
超高性能セラミック「アドマファイン」を採用し、塗膜に独自のWブラインド効果「太陽光高反射性能」「排熱機能」を持たせた遮熱塗料です
猛暑や台風など過酷な環境の下にある建物をより快適な住環境にするために弊社がおすすめしている遮熱塗料です。

遮熱性・施工性・美観性・躯体保護・環境・トータルコストを考えれば アドグリーンコート®

一般的な塗料に比べるとイニシャルコストは上がりますが、「安心・安全・環境保護と省エネへの貢献・快適性」が得られ、節電効果もあると考えると、トータルコストは低いと言えます。 
コスト全体の7~8割が施工費用、2~3割が材料(塗料)費用です。アドグリーンコートの「節電効果」による電力料金等の削減で、初期コストの差はなくなります。
サブタイトルが入ります。

タイトルが入ります。

テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。
遮熱塗料 アドグリーンコートの特徴

放熱にこだわって開発した冷めやすい塗料

ヒートアイランド対策のために設計されたアドグリーンコート®は、放熱にこだわって開発された”冷めやすい”塗料です。半導体の封止材等、精密機器(テレビ・携帯・カメラ等)の熱対策に用いられる世界最高峰の素材、真球ナノ・ファインセラミックスを建材塗料に応用しました。太陽光の近赤外線の効果的な「反射」と「放熱」のWブラインド効果で、塗装した建物外皮を外気温と同温程度に推移させ、”熱だまり”を起こしません。

美観性・耐久性 Wブラインド効果(高反射+排熱機能)

厚塗り塗料からの脱却。平滑性ある美しい仕上がりは美観・防汚力・耐久性に優れています。 排熱にこだわって開発された「冷めやすい」塗料ならではの特徴で、熱劣化による老朽化を防ぎ、躯体の保護に大きく貢献します。

電気代削減! 即効性ある省エネ・節電対策塗料

室内への熱ごもりを抑制する為、過分な空調負荷を低減し、即効性ある節電対策に効果的です。建物の環境により差はありますが、夏場の電気代で、約15%~30%の削減実績があります。

真に環境に配慮した遮熱塗料です

シンガポールでグリーンラベル、中国で環境ラベル、台湾でグリーンマークを取得するなど、環境塗料として世界でも広く認められています。日本国内でもエコマークやカーボンオフセット制度など、公的機関における様々な実証・認定を受けた、安心・安全な水系遮熱塗料です。
項目を追加

塗り替えが必要なタイミングは?

外壁の塗り替えのタイミングは、一般的に新築もしくは前回の塗り替えから約10年後といわれています。
しかしこれはあくまでも目安。塗料の種類や周辺環境の違いによって劣化のペースは異なりますので、定期的に確かめるようにしましょう。
たとえ同じ塗料を使っていたとしても、建物の置かれている環境によって外壁の傷み具合は異なります。方角によっても異なりますので、劣化具合をチェックする際には東西南北それぞれの壁をよく確認し計画的に改修することが大切です。
当社では塗替えのタイミングで、従来の塗料ではなく「遮熱塗料」への塗替えをご提案しております。

タイトル

サブタイトルを入力してください
ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

アドグリーンコート認定施工店

証書番号 証63-3第2901788
当社はアドグリーンコート認定施工店です
私が選んだ本気の「塗料」 お気軽にご相談ください
項目を追加

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

お問い合わせ

お見積り・ご相談など無料で承ります!
TEL06-6615-9819

10:00~17:00 土日祝日休み

項目を追加