大雨・長雨の時にだけ雨漏りする原因 | 大阪市の外壁塗装・防水工事は星功株式会社まで

大雨・長雨の時にだけ雨漏りする原因

 

阿倍野区、大阪市内中心で建物の

外壁改修工事・外壁塗装・屋根塗装・防水工事・板金工事

をしております星功株式会社です。


『強風を伴う雨や、強烈な雨の時にだけ雨漏りする』


といったお問合せがよくあります。

今回は、原因についてご紹介していきます。


パラパラと小雨の時は雨漏りしないのに、強烈な雨風の時にだけ雨漏りが起きると、原因もわからず悩みますよね。そこで今回は、大雨の時だけ雨漏りする原因についてご紹介します!


原因の特定もなかなかできず、「普段は雨漏りしないから」という理由でつい放置してしまいがちになりますが、実はこれから雨漏りが悪化していく「初期症状」とも言えます。そのまま放置しておくと、数年後や数か月後には目に見える雨漏りになってしまう場合があります((+_+))



【大雨の時の雨漏りの原因について】


●コーキング(シーリング)の劣化

大雨や強風をともなう雨の時にだけ雨漏りする原因として、最も有力な原因はシーリング材の劣化です。劣化が進むと、ひび割れや剥離が発生し、その隙間から雨水が浸入してしまう原因となります。一度 建物外部のサッシ周りや、外壁の目地部分のシーリングを確認し、ひび割れや剥がれがないか確認してみてください。



● 外壁のクラック(ひび割れ)

一般住宅に多く使われるサイディングが劣化し、ひび割れが生じてしまいます。外壁にひび割れが発生すると、強風や大雨の時に内部に雨水が浸入してしまい、それが原因で雨漏りする場合があります。数日経ってから雨漏りする場合は、一度建物内部のどこかに雨水が溜まっている状態となりますので、カビやシミ・腐食が生じてしまうことがあります。



● 外壁・屋根の劣化

外壁や屋根は、素材にもよりますが一般的に10年に1度は塗装をしなければ、劣化がひどく進んでしまいます。新築や中古で住宅を購入してから10年以上外壁や屋根の再塗装をしていない場合は、塗料の劣化や屋根や外壁の目地の劣化など、様々な劣化が進んでいきます。


今回は、3つの原因について細かくご紹介しました(^^)/



【当社では、プロの診断士が無料診断を行っております】



当社では、外壁・屋根に関するありとあらゆる点検・調査・診断ができる知識・技術が認められた【外壁診断士】が現地調査・無料診断を行っております!当社では、皆さまの大切な建物だからこそ専門の知識や技術を持ったプロの目で診断することが大切と思っております(^^)



弊社は、戸建て・マンション・工場などあらゆる建物の補修・シーリング・塗装・防水・板金工事を行っている専門業者です。


施工・管理・保証まで一貫体制で行う

(直接職人さんへ)依頼できるお店なんです。


無駄なマージンを無くし品質・保証・アフターメンテナンスまで充実した星功に依頼してみませんか?


--------------------------------------------------------

大阪市の外壁改修工事・外壁屋根塗装・防水・板金

星功株式会社

https://www.seikou-osaka.jp/


住所:大阪市阿倍野区万代1-1-6-1階

お問い合わせ窓口:06-6615-9819

(平日10:00~17:00)


* 屋根・外壁を建ててから10年ほど放置している

* 建物に気になるひび割れがある

* 外壁を手で触ると粉状のものが付着する

* 豪雨の際、雨漏りが気になる。

* 台風や災害で家の屋根や外壁が傷ついてしまった

* 相談をしたいが、業者の良し悪しがわからない

* 外壁塗装っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

* 改修工事って具体的にどういうことをするの?


➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!

https://www.seikou-osaka.jp/contact

--------------------------------------------------------