正しい手洗いの方法

 

こんにちは、大阪市内専門で営業をしております外壁改修工事の星功株式会社です。


手洗いが消毒と同じくらい除菌効果があると言われておりますが、正しく手洗いが出来ていなければ効果はありません。今回は、正しい手洗い方法をご紹介いたします。


水だけで手洗いを手軽に済ませたつもりでも、水では手のしわや爪の間などの細かい部分の汚れはしっかり落とせていません。石けんやハンドソープを泡立てて、泡で細かい部分の汚れを浮き上がらせるように洗い、菌や汚れを落としましょう。


手をこすり合わせるだけだと、手の甲や指先、指の間、手首は洗えません。汚れが残りやすい部分は指先や爪、指と指の間、手首です。泡で包んでしっかり洗いましょう。


手を何回も洗えば清潔と思っている方も多いと思いますが、実は逆効果になることもあります。手には常在菌と呼ばれる菌が存在し、ウイルスやバイ菌からからだを守ってくれています。過剰に手洗いをすると肌荒れも起こしてしまいます。過剰に洗わず、適切なタイミングで洗いましょう。


最後に手洗いの基本をおさらいしましょう。


1. 流水で汚れを落とす

流水の後に石けんやハンドソープを泡立てましょう。

2. 手のひらと指を洗う


3. 指先と爪を洗う


4. 手首を洗う

最後に流水で石けんと汚れを十分に洗い流しましょう。


外壁部分に関するご相談

屋根・防水・塗装・シーリング工事

につきましては大規模・戸建てにこだわりなくお気軽に星功へお問合せ下さい。