ガルバリウム鋼板の特徴とメンテナンス

 

こんにちは、大阪市内専門で営業をしております屋根改修工事の星功株式会社です。


屋根材で最近人気があるものが「ガルバリウム鋼板」です。薄くて軽く耐久性も高くまたデザイン性も高いために注目されています。今回は同じく人気のあるスレート屋根と特徴を比較してみました。


ガルバリウム鋼板とは



ガルバリウム鋼板はアメリカで開発された金属系のサイディングボードの一種で、住宅の屋根材や外壁材として多く採用されています。

鋼板を基材にアルミや亜鉛から構成されており、従来の亜鉛メッキ鋼板よりも耐久性が高いのが特徴です。組成の割合は

アルミ55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%です。


ガルバリウム鋼板の屋根材には沢山の種類があり、デザイン性に富んでいます。代表的なタイプとして「横葺き」「縦葺き」「瓦調葺き」があります。


メリットとしては

・メンテナンス性に優れている

・耐震性が高い

・耐久性が高い

・デザインが豊富

・サビにくい

という点が挙げられます。


デメリットとしては

・初期費用、メンテナンス費用がかかる

・傷がつきやすい

・通気性が悪い

・断熱性が低い

・防音性が低い

という点が挙げられます。


スレート屋根とは


スレート屋根(スレート瓦)は天然石を使用した「天然スレート」とセメントに繊維材料を混合した一般的な「無石綿スレート」やセメントの割合が多い「セメント系スレート」などの人口スレートが主流になっています。「カラーベスト」「コロニアル」と呼ばれるものはスレート材の商品名です。


ガルバリウム鋼板との機能性を比較してみましょう。


防水性

スレート屋根自体は防水性が低く、金属素材のガルバリウム鋼板の方が優れています。

防音性

ガルバリウム鋼板よりもセメント素材のスレート屋根の方が雨音などが響かない傾向があります。

耐火性

どちらも耐火性が高く、燃えにくい特徴があります。


デザイン性でいうとスレート屋根はカラーが豊富です。ただし表面がほぼ平らでシンプルなので、ガルバリウム鋼板の方が形状が多くデザイン性が高くなります。


耐久性はスレート屋根は割れやすく、ガルバリウム鋼板はへこみや傷に弱いデメリットがありますが、ガルバリウム鋼板の方が耐用年数が長い(約30年)です。

ガルバリウム鋼板の耐久性を保つためにも10年程度で塗替えを考えましょう。塗装から20年程度経っている場合は、葺き替え工事やカバー工法でのメンテナンスを検討しましょう。ガルバリウム鋼板は既存の屋根材の上に新しい屋根材を重ねる「カバー工法」が可能ですが、一度重ね葺きしている屋根には既存の屋根材を撤去して吹き替える「葺き替え工事」が適しています。



外壁部分に関するご相談

屋根・防水・塗装・シーリング工事

につきましては大規模・戸建てにこだわりなくお気軽に星功へお問合せ下さい。