外壁を少しでも長持ちさせるために必要なメンテナンスについて

 

こんにちは、大阪市内専門で営業をしている外壁改修工事の星功株式会社です。


外壁を少しでも長持ちさせるためには、メンテナンスと点検をする必要があります。

・外壁の劣化進行を抑える効果もある掃除

外壁には塗装が施してあり、外壁が汚れると塗装が汚れ、塗装の効果が十分に発揮できずに劣化が進行してしまいます。掃除をして塗装の汚れを落とせば、塗装の性能を発揮できる期間が長くなり劣化の進行が抑えられ外壁が長持ちします。




・プロの定期点検を受ける

外壁の定期点検を受ける事で、外壁本来の耐候年数分保持出来るようにプロの目で不具合や劣化を早々に見つけてもらうことが外壁を長持ちさせることになります。


・外壁を長持ちさせるために是非シーリング補修を

外壁材と外壁材の間や、サッシと窓ガラスの間などに使用されるシーリング材は外壁材よりも早く劣化が進行します。劣化した箇所から雨水が入り込み外壁材のみならず住宅内に侵入し腐食を招いたりすることもあります。5~10年おきに補修する事が望ましいです。


・定期的な塗り替えで外壁が長持ち

外壁のヒビ割れや色あせ、手に粉のようなものが付くチョーキング現象や塗膜のハガレ、サビの発生、カビやコケ、藻の発生など気になる症状が表れたら、補修し塗替えをすることで外壁材を長持ちさせる事が出来ます。


塗替えの際に耐久年数の長い塗料を選べば劣化が生じにくくなるため、メンテナンスの頻度を抑えることが出来ます。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

塗料      耐久年数

-----------------------------------------------------------------------------------------------

アクリル       約3~5年

ウレタン       約5~7年

シリコン       約7~10年

ピュアアクリル    約15年~

フッ素        約15年~

無機         約15年~

光触媒        約15年~

-----------------------------------------------------------------------------------------------

※上記はあくまで目安です。


外壁の劣化が進行しメンテナンスでも補修できない場合は「重ね張り」もしくは「張り替え」を行う事になります。


家の外壁を少しでも長持ちさせるためには、定期的な点検でメンテナンスを最適な時期に行う事をおすすめいたします。


外壁部分に関するご相談

屋根・防水・塗装・シーリング工事

につきましては大規模・戸建てにこだわりなくお気軽に星功へお問合せ下さい。