スレート屋根の寿命と屋根のメンテナンス方法

 

こんにちは、大阪市内専門で営業をしている屋根改修工事の星功株式会社です。


戸建てでよく使用されているスレート(別称:コロニアル)屋根は、年数が経つと塗装が必要な建材で15年以上経つとスレート材が割れる頻度が高くなります。放置し続けると劣化し野地板に水がまわると、雨漏りする場合があります。劣化が進む前にメンテナンスを行い早めに対処した方が費用も抑えてスレート屋根の寿命も伸ばすことができます。



スレート屋根の寿命はだいたい10~20年で、新築または前回のメンテナンスから10年を目途に定期的な塗替えを行う事で、防水性と劣化が防げます。劣化で防水性が無くなると、水分を吸収し、屋根の下地に水分がしみ込んで雨漏りの原因になります。


スレート屋根のメンテナンスには劣化の軽いものから「塗替」「カバー工法」「葺き替え」を行います。スレートは本来防水性がないので、塗装で防水効果を定期的に保つようにしなければなりません。


カバー工法は既存のスレートの上に新しい屋根材を被せる工事です。塗替が出来ない程にスレート屋根が傷んでいる際に行う事が多いです。既存の屋根材を撤去しない分葺き替えより費用は抑えられます。


葺き替えは既存のスレート屋根を撤去した後に新しい屋根材を被せる工事です。


選択肢は色々ありますが、費用対効果を考えてお手入れして頂く事が良いと思います。


外壁部分に関するご相談

屋根・防水・塗装・シーリング工事

につきましては大規模・戸建てにこだわりなくお気軽に星功へお問合せ下さい。